keyboard : 合理的なキー配列について protokey配列

keyboard

qwerty配置の利点

デファクトスタンダートなので一度の学習コストで殆ど全てのデバイスで利用可能

qwerty配置の問題点

キー配置が合理化されていない

40% keyboard

ブラインドタッチが可能な指の範囲を考察した結果 横12段、縦4列の合計48キーの40%キーボードを選択

key

各指が担当するキーのバリュー(左) と キー配置の優先順位(右)

各指の優先順位 数字が小さいほど優先順位が高い

key


ring finger 薬指
middle finger 中指
index finger 人差し指
little finger 小指

小指の負担が非常に高いので小指の負担を減らす為に小指の優先順位を低く設定

人差し指の担当するキーも多いので優先順位を低く設定

アルファベットの頻度

key

key

Dvorak 配置を踏襲して 母音を頻度を参考に配置

key

使用頻度が低く、ショートカットキーとして多用するキーの qw zxcv を qwertyキー配置から動かさないで左側に配置

右側には アルファベットの頻度の高い順に配置

key

意外と使用頻度 の高い 、。 を中央下に配置

key

右側の紫の枠の数字は指の優先順位

上段の方が、下段よりも入力しやすい

key

アルファベットの頻度を元にキーを割り当てて完成

黄色 > qwerty配置から動かさなかったキー
赤 > 母音
青 > 使用頻度の高い子音
緑 > qwertyキー配列からあまり動かしていないキー

thank you

最後までご覧いただきありがとうございました。参考になれば幸いです

いつも助けてくださってありがとうございます

amazon ギフト券 買って助けてあげるよリンク

これからもお役に立てる情報を更新します。皆さんのお助けに飛び跳ねて喜びます。ありがとうございます。