arch mac : 初期設定 #1 install sever

arch

・MacBookPro11,x にシングルブートの arch linux のインストールのチュートリアル

Rufus

linux インストールUSBの作成方法

Rufus

GPT(GUID Partition Table)に設定して書き込み

MacBookPro11,x (Late 2013—Mid 2014)

Rufus を使って arch.iso をフラッシュしたUSBをMacbookに挿入し alt(option) key を押しながら電源オン

Macbook

EFI Boot を選択

Install Arch linux

作業記録の開始

arch

script

入力したコマンドや出力結果を保存

日本語キーコンフィグのロード

loadkeys jp106

パーティションの作成

これを行うと今までのデータがすべて消えます。必要なファイルを必ずバックアップ

今回作成するディレクトリ構成

/dev/sda1 > boot partition(必須) /dev/sda2 > swap (メモリ8G以上積んでいるなら不要) /dev/sda3 > root system directory(必須) /dev/sda4 > home main directory(強く推奨)

arch

cgdisk /dev/sda

EFIBOOT gdpモードで作成

Delete

パーティションを削除

全ての既存のパーティションを削除

/dev/sda1 boot partition [256M]

arch

New

新しいパーティションを作成

First Sector -> Enter
Size in Sector -> +256M -> Enter
Hex Code of GUID (L to show pres, Enter = 8300) -> ef00(EFI system poartition) -> Enter
Enter partition name – > Enter

/dev/sda2 boot partition [8G]

arch

New

新しいパーティションを作成

First Sector -> Enter
Size in Sector -> +9011M -> Enter
Hex Code of GUID (L to show pres, Enter = 8300) -> 8200 (Linux swap) -> Enter
Enter partition name –> swap -> Enter

/dev/sda3 root partition [16G]

arch

New

新しいパーティションを作成

First Sector -> Enter
Size in Sector -> +14848M -> Enter
Hex Code of GUID (L to show pres, Enter = 8300) -> 8300 (Linux filesystem) -> Enter
Enter partition name –> Enter

/dev/sda4 home partition [ALL]

arch

New

新しいパーティションを作成

First Sector -> Enter
Size in Sector -> Enter
Hex Code of GUID (L to show pres, Enter = 8300) -> 8300 (Linux filesystem) -> Enter
Enter partition name –> q -> Enter

作成した全てのパーティションに対して Write -> yes を 実行

Quit

パーティション フォーマット

arch

lsblk

パーティションが作成されているか確認

mkfs.vfat -F32 /dev/sda1

fat32 でbootpartition を フォーマット

mkswap /dev/sda2

スワップ を フォーマット

mkfs.ext4 /dev/sda3

root directory を ext4 にて フォーマット

mkfs.ext4 /dev/sda4

home directory ext4 にて フォーマット

mount

swapon /dev/sda2

swap を マウント

mount /dev/sda3 /mnt

root directory を マウント

android USB テザリング

Androidを刺してUSBテザリングをオン

ping -c2 google.com

64 byte from ~~ ping が返って来たらOK

動かなかったら

ip link

3番目のやつを setup する

ip link set enp0s26f7u1u3 up

システムクロックの更新

timedatectl set-ntp true

サービスの状態は timedatectl status で確認

directory root に必須ファイルをインストール

pacstrap /mnt base linux linux-firmware

必須パッケージ

pacstrap /mnt base-devel reflector netctl nano

必須ではないがほぼ必須

mount sda1

mount /dev/sda1 /mnt/boot

genfstabの実行

genfstab -U /mnt > /mnt/etc/fstab

起動時にマウントするパーティションを指定

arch-chrootの実行

arch-chroot /mnt

nanoの設定

nano /etc/nanorc

行数表示を有効化

72 # set linenumbers

72 set linenumbers

colour を enable

nano /etc/pacman.conf

#33 #Color

Color

locale gen

nano /etc/locale.gen

177 en_US.UTF-8 UTF-8

302 ja_JP.UTF-8 UTF-8

locale-gen

日本語、英語のロケーションを設定

locale.conf ファイルを作成

export LANG=en_US.UTF-8

Timezone

ln -fs /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

hwclock --systohc --utc

hostname (任意)

nano /etc/hostname

書き換えたいなら書き換える

日本語配列 に変更

echo 'KEYMAP=jp106' > /etc/vconsole.conf

reflector ミラーリスト更新

cp /etc/pacman.d/mirrorlist /etc/pacman.d/mirrorlist-orig

オリジナルの mirrorlist を mirrorlist-orgn に変更 問題が発生したら mirrorlist-orgn の内容へ戻す

reflector --verbose --latest 5 --sort rate --save /etc/pacman.d/mirrorlist

通信状況の早い順に変更

cat /etc/pacman.d/mirrorlist

確認

pacman -Syu

arch linux 更新

root password 設定

passwd

**********

**********

一般ユーザ 追加・sudo設定

useradd -m -G wheel username

passwd username

**********

**********

sudo 権限付与

pacman -S sudo

EDITOR=nano visudo

82 %wheel ALL=(ALL) ALL

電源管理を自動での最適化

pacman -S tlp

install git

pacman -S git

wifi setting

pacman -S dialog

pacman -S wpa_supplicant

pacman -S broadcom-wl

b43-firmware / Broadcom b43(BCM4331)チップセットを使っている場合は実行

su username

cd

git clone https://aur.archlinux.org/b43-firmware.git

cd b43-firmware

makepkg -si

su root

起動設定 (今後起動に失敗したら起動設定の部分を実行して整合性を整える)

sudo bootctl install

nano /boot/loader/loader.conf

default arch
# timeout 0
#console-mode keep
editor  no

pacman -S linux

ls /boot/vmlinuz-linux | sed s~/boot~~ >> /boot/loader/entries/arch.conf

ls /boot/initramfs-linux.img | sed s~/boot~~ >> /boot/loader/entries/arch.conf

blkid -o export /dev/sda3 | grep ^UUID >> /boot/loader/entries/arch.conf

nano boot/loader/entries/arch.conf

title   Arch Linux
linux   /vmlinuz-linux
initrd  /initramfs-linux.img
options root=UUID=????????-????-????-????-????????????? rw

bootctl list

エラーが無いか確認

NetworkManager install

pacman -S networkmanager

作業記録の終了(任意)

exit

cp typescript /mnt/root/arch_linux_install.log

arch linux をサーバー運用に利用する場合の初期設定も同じ設定で問題なく運用可能

バックアップ (任意)

Arch linux バックアップ

thank you

最後までご覧いただきありがとうございました。参考になれば幸いです

いつも助けてくださってありがとうございます

amazon ギフト券 買って助けてあげるよリンク

これからもお役に立てる情報を更新します。皆さんのお助けに飛び跳ねて喜びます。ありがとうございます。