Python : venv インストール方法

python

venv とは

仮想環境を作る事で version 違いによる不具合や 他の構築した環境とのバッティングを防ぐ事が出来ます

venv を作成

python -m venv venv

bash shell / zsh shell での venv の起動方法

source venv/bin/activate

殆どの人はこれで問題ありません

fish shell での venv の起動方法

source venv/bin/activate.fish

fish(Search Results Web results)の人はこちら

(venv) ??@??? ~/web>

先頭に (venv) が表示されます

end venv

deactivate

導入

introduction

venvには、仮想環境ごとの site ディレクトリがあり、これはシステムの site ディレクトリから分離させることができます。それぞれの仮想環境には、それ自身に (この仮想環境を作成するのに使ったバイナリのバージョンに合った) Python バイナリがあり、仮想環境ごとの site ディレクトリに独立した Python パッケージ群をインストール可能

venv を利用する利点

特殊な場合ですが企業等で django1 等の古い開発環境を使用している場合プライベートで django3 を使って開発している場合に venv を利用する事で django1 と django3 が共存しな環境を構築する事が出来ます。万が一のエラーを防げます

最近の環境アプリは余程の事が無い限り競合エラーは出にくいので(出ないとは言っていない)手間の割に venv を使う利点は少ないです

install python 3

venv を利用する場合は python3 がインストールされている環境が必要になります。

自分の os に python3 が入っているかどうかの確認

ターミナルにて

python -V

Python 3.X.X

出力されれば os に python3 は導入されています。

インストール python3 arch linux

ターミナルを起動

pacman -S python

python3 がインストールされたかの確認

python3 -V

Python 3.X.X

venv 環境の構築

python -m venv venv

ターミナルの現在の階層に venv フォルダが作成されます

bash or zsh shellでの venv の起動方法

source venv/bin/activate

殆どの人はこれで問題ありません

fish shell での venv の起動方法

source venv/bin/activate.fish

fish(Search Results Web results)の人はこちら

(venv) ??@??? ~/web>

先頭に (venv) が表示

pip アップデート

先頭に (venv) が表示された状態で

pip install -U pip

venv 開発環境 を構築するには常に 先頭に (venv) が表示された状態で pip を実行してください

venv 開発環境を削除

venv フォルダを削除

thank you

最後までご覧いただきありがとうございました。参考になれば幸いです

いつも助けてくださってありがとうございます

amazon ギフト券 投げ銭リンク

これからもお役に立てる情報を更新します。皆さんのお助けに飛び跳ねて喜びます。ありがとうございます。