python 入門 #2 : 開発環境構築 with VScode

ビジュアルスタジオコードを使った python 開発環境の構築を行います

インストール Visual Studio Code

ダウンロード VScode へ飛び、環境に合ったVScode をダウンロード、インストール

vscode

ドキュメントルート C:\Users\Your username\python-test へパイソンテストのフォルダを作成します

vscode

インストールしたビジュアルスタジオコードを実行

vscode

ファイル をクリック

vscode

フォルダを開く をクリック

vscode

先ほど作成した python-test をダブルクリック

vscode

フォルダを選択 をクリック

vscode

Ctrl + Shift + p
フォルダを開く(JSON) をクリック

Vscode 便利コード一覧

コードを上書きコピペ

{
    "editor.renderWhitespace": "all", // 半角スペースを常に表示
    "editor.insertSpaces": false, // インデントに使う文字 tab
    "editor.tabSize": 2, // インデント幅を設定 デフォルト値は「4」
    "editor.formatOnPaste": true, // ペースト時に自動でフォーマット
    "editor.formatOnSave": true, // ファイル保存時に自動でフォーマット
    "editor.formatOnType": true, // 入力した行を自動でフォーマット
    "editor.minimap.enabled": false, // miniMap 無効
    "editor.multiCursorModifier": "ctrlCmd", // マウスでの複数選択時の修飾キーを変更
    "editor.renderControlCharacters": true, // 制御文字を表示
    "editor.renderLineHighlight": "all", // 選択行を行番号含めすべてハイライト
    "diffEditor.renderSideBySide": false, // 差分を横に並べて表示ではなく行内に表示
    "window.showFullPath": true, // タイトルバーにファイルのフルパスを表示する
    "window.reopenFolders": "all", // 再起動時に開いていたウインドウをすべて復元する
    "files.trimTrailingWhitespace": true, // 余分なホワイトスペースを削除
    "editor.wordWrap": "on", // エディターの幅で折り返し
    "telemetry.enableCrashReporter": false, // disenable crash report
    "telemetry.enableTelemetry": false, // disenable personal info
    "files.eol": "\n", // デフォルトの改行コードを Linux と同じにする
    "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\wsl.exe" //linuxデフォルトシェル
}

vscode

Ctrl + s でセーブ
丸がバツになったら保存されます

vscode

上のバー ターミナル

vscode

新しいターミナル をクリック

インストール fish shell

vscode

sudo apt install fish

利便性を向上させる fish shell をインストールします。

fish shell について

インストール micro エディタ

vscode

sudo apt install micro

マイクロエディタをインストール、利便性が向上します

micro editor について

vscode

fish フィッシュシェルに変更します

vscode chsh -s /usr/bin/fish

初回起動時 に設定したパスワードを入力

次回以降 fish shell をデフォルトシェルへ変更

vscode

mkdir -p ~/.config/fish

micro ~/.config/fish/config.fish

vscode

alias python="python3" 
alias pip="pip3"

Ctrl + s セーブ Ctrl + q 終了

micro editor チートシート

python -V

vscode

3.x.x と表示されていれば python=python3 が適用されています

hello world python

パイソンを使って hello world を実行

vscode

micro test1.py

vscode

print("hello python")

Ctrl + s セーブ

Ctrl + q 終了

vscode

python test1.py

.py ファイル(python ファイル)を実行する方法は python ?????.py を ターミナル にて実行することで .py ファイルの中の python code を実行する事が可能です。

vscode hello python と出力

thank you

最後までご覧いただきありがとうございました。参考になれば幸いです

いつも助けてくださってありがとうございます

amazon ギフト券 投げ銭リンク

これからもお役に立てる情報を更新します。皆さんのお助けに飛び跳ねて喜びます。ありがとうございます。