github : ssh 接続 設定方法 #2

github

ターミナルを使った github ssh の接続方法

.ssh ファイルの作成

Windows or linux or Mac

bash like shell を 使った ssh 接続の方法を解説します。

windows 10 : WSL2 bash like shell 導入方法

bash shell を起動 下記コードをコピペして実行

cd

sudo mkdir ~/.ssh

cd .ssh

sudo ssh-keygen -t ed25519 -b 4096 -C github -f git@github.com -P "ここに任意のパスワードを入力"

ここに任意のパスワードを入力 を入力してエンター

cat git@github.com.pub

ssh-ed22519 AEWVFEWCWEVEawegaerb8h4fqamafwfQ#4 github

ssh-ed22519 から github までの出力された記号を コピー

すぐ後に使います

https://github.com/settings/keys

リンクをクリック

github

SSH and GPG keys の New SSH key を クリック

github

Title = 任意の管理しやすい名前
Key = ssh-ed22519 から github までの出力された記号 を ペースト

Add SSH key を クリック

git ユーザー名 / email を登録

terminal にて

git config --global user.name 'git'

git config --global user.email 'git@github.com'

Github .ssh/config 作成

任意 > windows WSL ubuntu インストール micro エディタ

sudo apt install micro

任意 > Arch linux インストール micro エディタ

sudo pacman -S micro

sudo micro ~/.ssh/config

vi nano でも大丈夫です

Host github
    HostName github.com
    User git
    IdentityFile ~/.ssh/git@github.com

micro editor の場合

Ctrl + s = Save (セーブ)
Ctrl + q = Quit (終了)

.ssh ユーザー グループ変更

sudo chown -R YOUR-UBUNTS-USERNAME:YOUR-UBUNTS-USERNAME ~/.ssh

Home user 以外のアクセス、変更禁止 権限変更

sudo chmod 700 ~/.ssh

ssh github

"ここに任意のパスワードを入力" で 入力したパスワードを入力

Hi `Your account name`! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
Connection to github.com closed.

上記内容が出力されたらOK

更新したら

Terminal で 下記コード を実行する事でssh接続から githubのリポジトリを更新できます

git add .

git commit -m "commit"

git push -u origin master

作成した sshパスワード を入力

わかりやすい commit name 例

追加

git commit -m "add: 追加した内容を記載"

修正

git commit -m "fix: 修正した内容を記載"

削除

git commit -m "del: 削除した内容を記載"

ssh keygen オプション一覧

ssh-keygen -t ed25519 -b 4096 -C github -f git@github.com -P "ここに任意のパスワードを入力"

-t

作成する鍵の暗号化形式 よほどの理由が無い限り -t ed25519

-b

作成する鍵のビット数 よほどの理由が無い限り -b 4096

-C

コメント わかりやすいコメントを付けておくと管理が楽になります

-f

ファイル名 わかりやすいファイル名を入力

-P

パスワード 忘れないパスワードを入力 -P "コメントで囲ってこの中にパスワードを入力"

-p

ポート番号 接続に使用するポート番号を指定する

-l

ユーザー名 接続に使用するユーザー名を指定する

-i

IDファイル 接続に使用する公開鍵ファイルを指定する

-c

暗号化方法 通信を暗号化する方法を指定する(「3des」「blowfish」「des」が指定可能)

-1

SSHv1(SSHプロトコルバージョン1)だけを使用する

-2

SSHv2(SSHプロトコルバージョン2)だけを使用する

-4

IPv4だけを使用する

-6

IPv6だけを使用する

-K

GSSAPI(Generic Security Services API)による認証を許可する

-k

GSSAPIによる認証を許可しない

-A

認証エージェントを転送する(1つ目のサーバに接続後、続けて別のサーバに接続する際に、最初に使った秘密鍵をそのまま使用する)

-a

認証エージェントを転送しない

-X

X11のポートフォワーディングを有効にする(リモートマシンのXアプリケーションが実行できるようになる)

-x

X11のポートフォワーディングを無効にする

-Y

信頼されたX11転送(Trusted X11)を有効にする

-F

設定ファイル 設定ファイルを指定する

-o

設定パラメータ 設定パラメータを指定する(設定ファイルに書かれた内容より優先される)

-E

ログファイル名 エラーを指定したファイルに記録する

-q

エラーメッセージや診断メッセージを表示しない(quiet mode)

-v

デバッグメッセージを表示する(verbose mode)

thank you

最後までご覧いただきありがとうございました。参考になれば幸いです

いつも助けてくださってありがとうございます

amazon ギフト券 投げ銭リンク

これからもお役に立てる情報を更新します。皆さんのお助けに飛び跳ねて喜びます。ありがとうございます。